第15回

 平凡な日々

年老いたお袋と還暦を過ぎた妻と三人で
朝に昼に晩に食卓を囲んでいる
部屋には
水槽が置かれメダカが泳いでいる
鉢植えのポトスと笹竹が三人の心を和ませる
子犬が尻尾を振って
三人の間で愛嬌を振りまいている
来る日も来る日も変わりない生活が続く
三人がいつまでも健康で元気であることが
幸福なのだ
子供は二人とも巣立っている
一人は独立して所帯をもち
もう一人は中国上海で仕事をしている
二人からは何の音沙汰もない
元気に過ごしている証と思う
健康で元気であれば何もいらない
変わらない毎日の生活に
喜びと幸福を感じる

山 一歩