第67回

 夢
雪が夢が
乾いた空気の中を舞っている
夢が雪の中を彷徨う
夢が粉雪のように舞って
僕の心に積りだす
僕の心を真っ白にする
夢が僕の心に迷い込んで
夢が僕の心で眠ってしまった
夢は壊れやすいもの
夢を性急に追い求めてはいけない
夢はすぐに溶けて消えてしまう
夢は大切に大切に温め育むもの
さもなければ
夢は挨拶もなく音も立てずに逃げてしまう
春になって
夢が蝶々のように
花から花へ舞ってくれるのを夢見て
夢を僕の心に寝かせて置きたい

山 一歩